壊れたiPhoneは買取よりも廃棄の方が良いの?


今まで使っていたiPhoneが使えなくなって、新機種に交換した際は壊れたiPhoneが手元に残ってしまいます。
契約が切れたスマートフォンはあまり再利用する機会はありませんので、手元に残しておいても使い道がありません。

そこで、壊れたiPhoneがある場合は、専門ショップの買取を活用してみましょう。
スマートフォンやタブレットの専門ショップでは、コンディションを問わずに壊れたiPhoneの買取を行っています。
買取金額はダメージの程度によって変わってきますが、人気があるモデルなら相応の査定額が期待できます。

また、購入時の付属品がある場合は、必ず付属品も一緒に見積もりしてもらいましょう。
本体だけではなく付属品もセットになっている方が、査定額アップの可能性が高くなるためです。

このように、iPhoneは壊れていても買取が可能です。
廃棄にしてしまうのはもったいないので、一度査定してもらってはいかがでしょうか。

This entry was posted in どんなiPhoneが売れるのか. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります